Ojiya Kanko Society

TEL:0258-83-3512お問い合わせ・ご要望はこちら

片貝まつり

浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 越後三大花火 世界一四尺玉花火

〔開催日〕毎年 9月9日・10日 ※雨天決行

 願いが込められた「奉納花火」や世界一の「四尺玉」が夜空に大輪の花を咲かせます。毎年9月9日・10日に開催される片貝まつりは、浅原神社の秋季例大祭。メインはギネスにも紹介された世界一大きい正四尺玉です。片貝花火の起源は今から400年前の江戸時代初期のこと。
浅原神社へのお賽銭代わりに花火を奉納したことから、花火の打ち上げが始まったといわれています。1891年(明治24年)には片貝で初めて三尺玉が4発打ち上げられ、三尺玉発祥の地となりました。また、1985年(昭和60年)には直径800mの大輪を咲かせる四尺玉が打ち上げられ、全国的に有名になりました。古式ゆかしい伝統行事の数々や花火の迫力で会場が熱気に溢れます。

片貝まつり紹介映像

毎年9月9日・10日に新潟県の小千谷(おぢや)市片貝町で開催される「片貝まつり」は、町の鎮守である浅原神社の秋季例大祭として開催され、世界最大の打ち上げ花火「正四尺玉」が打ち上がることで有名。 片貝の花火は奉納煙火と呼ばれ、人々の思いや願いを花火に込めて神社へ奉納する。また、片貝の奉納煙火へは全国誰でも申込みできます。
片貝まつりの詳細や花火申込み・有料観覧席の申込みは片貝町煙火協会まで
http://katakaimachi-enkakyokai.info/
動画制作:小千谷市
制作協力:日精サービス株式会社、UX新潟テレビ21、UXビジョン
著作:小千谷市

 

片貝まつり(浅原神社)マップ

四季を彩る小千谷のまつり

 大きく蛇行する大河を感じながら、自然と史跡、名所と名産、そして豊かな人に出会える小千谷の旅路。